ASAHIKAWA WOODWORKING

prev
next

高橋工芸

先代から続く高度なろくろ技術を駆使した繊細なものづくり。
現代の生活様式に自然に溶け込むシンプルな木の器を揃えています。

製品

Kamiシリーズ

北海道産のセンの木を、ロクロで挽いてつくった「木の飲み物の器」を主としたシリーズです。灯りにかざすと透けるような薄さと白い木肌の質感から「Kami」と名付けられました。「Kami Glass」の厚みは約2ミリ。温かい飲み物を器に注ぐと木を通してゆっくりと手に温度が伝わります。軽くて持ちやすく落としても割れにくい為、小さなお子様やお年寄りにも使いやすい器です。

デザイン:高橋秀寿・大治将典(Oji & Design)
材質:セン(北海道産) 
仕上げ:食器用ウレタン塗装
サイズ:φ81 H91(mm

takahashi_03-1
takahashi_03-2

Caraシリーズ

北海道産のシナの木を、ロクロで挽いてつくった「木の食べ物の器」を主としたシリーズです。「Cara」という名前はたまごの殻に由来し、シリーズ全ての商品の形状には実際にトレースした卵のラインが活かされ手にやさしくなじみます。シナの木の表面は学校給食の食器にも使われている食器用ウレタンで塗装して仕上げ、汚れが落ちやすく、防水性や耐久性にも優れた使いやすい器です。

デザイン:小野里奈(rinao design)
材質:シナ(北海道産) 
仕上げ:食器用ウレタン塗装
サイズ:φ240 H35(mm)

Kakudoシリーズ

「木の道具」を主としたシリーズです。無垢材から丁寧に削り出されたベーグル型の鍋敷き、合わせ目を45度にすることでバターの詰まりを防いだバターケース、まな板として使った後に食卓でそのままお皿としても使えるボード、側面の滑らかな凹みが指がかりになる八角形のまな板と、商品の特徴となる角丸の先端と機能的な角度から使いやすい形がつくられます。

デザイン:大治将典(Oji & Design)
材質:イタヤ(メープル)、チェリー、ウォールナット
仕上げ:オイルフィニッシュ、食器用ウレタン塗装
サイズ:W28xD17.4xH2.1(mm)

takahashi_03-3

高橋 秀寿

takahashi_05

1969年生まれ。建築会社に勤務後、1992年に挽きもの師の父経営する高橋工芸に入社。2007年に高橋工芸の代表作となるKami Glassを発表。現在はデザイナー大治将典、小野里奈らと共に「Kami」、「Cara」、「Kakudo」シリーズ等、良質な北海道産の木が持つ色や木目をそのまま活かした、シンプルで機能的な木製テーブルウェアを製造。2009年より父の跡を継ぎ、高橋工芸の二代目代表を務めている。

北海道の山々から木を預かり器をつくる。
それは山と人とを繫ぐ仕事。

Gallery

prev
next

特徴

takahashi_07

2mmの薄さ

木製品としては不可能とも思えるKamiシリーズの2mmという薄さを実現するために、高橋秀寿は刃物から独自に開発しています。不要な振動を取り除きろくろの動きを安定させることが重要。当初は失敗を繰り返しましたが、創業時から受け継がれているろくろの技術を土台に、次々と新しい挑戦を繰り返す開拓者精神で、安定してKamiシリーズを製造しています。

長い年月を経てつくり、使う

製品に使われる材木は、山に木が植えてある状態から買い付けを行っています。伐採後に数年かけて寝かせ、反りや縮みを落ち着かせた後に加工にとりかかります。消費者の手に製品が届いた後にも、ひび割れた器の修理や食器用ウレタンの再塗装などに有償で対応しています。旭川の木が生まれ育つ年月と同じ位、長い月日をかけて器が使われることを支える仕組みです。

takahashi_07-2
takahashi_08-2

大治 将典

1974年生まれ。グラフィック事務所等に勤務後、1999年「msg.」を設立。2004年に「Oji & Design」に社名変更。2008年より高橋工芸と共同で「Kamiシリーズ」、「Kakudoシリーズ」をデザイン。2012年「ててて協同組合」を発足し、手工業品のための見本市「ててて見本市」、「ててて商店街」の開催他、日本の様々な手工業に関するデザインや企画を行っている。
www.o-ji.jp

takahashi_08-3

小野 里奈

1997年東北芸術工科大学デザイン工学部生産デザイン学科卒業後、設計事務所勤務などを経て2001年東北芸術工科大学芸術工学研究科修了。デザイン工学修士。同年スウェーデン国立芸術工芸デザイン大学に留学。2002年から東北芸術工科大学デザイン工学部プロダクトデザイン学科助手を勤め、2007年秋に「rinao design」を設立。2008年より高橋工芸と共同で「Caraシリーズ」、「Eniシリーズ」のデザインを行っている。
www.rinao.jp

高度なろくろ技術を駆使した繊細なものづくりが特徴的な高橋工芸。北海道産の良質な木材を主に用いて、樹種の質感を活かしたシンプルで機能的な木製品を製作しています。1965年に挽き物師の高橋昭一が創業した当時は、家具の脚(飾り柱)を中心に生産していましたが、家具の需要低迷に伴い1980年代からロクロ挽きの器の製作を開始。旭川の木製テーブルウェアメーカーの元祖というべき存在です。2007年、二代目の高橋秀寿が手がけた「Kami Glass」は、削ぎ落としたシンプルな形状と木でできているとは思えない薄さが話題となり、高橋工芸を代表する製品へと成長しました。その後、デザイナーの大治将典、小野里奈を招き「Kamiシリーズ」へと発展させます。さらに、たまごの殻の曲線に着想を得た「Caraシリーズ」、多角形の形状が特徴的な「Kakudoシリーズ」など品揃えを拡充。現代の生活様式に自然に溶け込み、机上に温かさをもたらす木の器を提案しています。

高橋工芸

Address
北海道旭川市5条西9丁目2-5
Tel
0166-22-6353
Mail
info@takahashikougei.com
Url
http://www.takahashikougei.com/
Contact